UFOキャッチャー、力なさすぎじゃないですか?

私はゲームセンターが好きですが、UFOキャチャー専門です。他のは全くやりません。なので、一人で行きます。ところで、UFOキャッチャーは本まで出ていて、商品をゲットするテクニックを解説してる本ですが、あれに載っているのはもうすでに体得してたので、遅いですね。でもあのテクニックでやっても現実には商品をゲットすることはできないんですよね。完璧に隙間を縫って、挟んだのに力がなさすぎて、すかすかーっとなってしまうんです。せこいですよねえ。多分、ティッシュ2、3枚しか掴めないほどの力じゃないですかね。ゲームセンターによってその力の強いところとそうでないところがあって、もう私はどこどこが取れるとか把握してます。また、ださい人気のない物が入っている機械も力が強くなっていますね。そういうのはどんどん取って処分してくださいって感じなんでしょうね。でも高額なものになるにつれて力がないんです。よく、ゲットした人がチェキで写真を取られていて店内に貼り付けていますが、あれ、嘘くさいですよね。ぜいたくフルーツ青汁 痩せる

スポーツ観戦ならぬイケメン観戦で目の保養!

スポーツ観戦が本当に好きな人には「ミーハーだ!」と怒られてしまいそうですが、私はやっぱり『イケメン』のスポーツ選手が好きである。もちろん、そのスポーツを観戦するにあたって、ルールを覚えることと観戦マナーを守る事は当然とした上でですが。
スポーツ選手にルックスは必要ないかもしれないけど…スポーツができる上にルックスも良いなんて最高だと思うのです!
なので、ここで超私的なオススメスポーツ選手を3人挙げたいと思います。
1人目はサッカー。鹿島アントラーズ所属(現時点)柴崎岳選手。関ジャニ∞の大倉忠義さん似と噂の彼ですが、高校時代から超高校級のプレーで遠藤保仁選手の後釜としても注目を集めていました。しかし、実際に日本代表に選ばれるも、なかなか実力を発揮できずにいたのですが、最近は再びグッと頭角を現しはじめ、今季いよいよ海外移籍かと噂の選手!視野の広さと正確なパス、冷静な判断も魅力的です。
2人目はバレーボール選手。中央大学に在学中の石川祐希選手です。彼は日本バレー界最高の逸材と呼ばれ、19歳で全日本に呼ばれています。今流行りの塩顔男子ですが、バレーの実力は本物!大学卒業後は海外でプレーしたいと語るなど、海外移籍をあまりよく思わない日本バレー界に風穴を開けてくれる存在としても注目!確かにジャンプ力もある選手ですが、注目すべきはスパイクコースの選択と正確さ。一度見れば、誰しもさすが!と思うはず。
3人目もバレーボーラー。豊田合成所属の川口太一選手です。まだそれほど有名な方ではないのですが、イケメン度はピカイチ!先に紹介した石川祐希とは高校時代のチームメイトで、2年連続6冠という偉業を成し遂げたメンバーのひとり。ポジションはリベロ。俳優の林遣都さんにそっくりとの声もあり、高校時代の声援の大きさは石川祐希選手以上だったような…。リベロという得点を決めることのないポジションですが、とにかく彼はボールを落とさない。スパイクコースを読む力に長けていて、きっとこれから日本代表に登りつめてくれる存在と信じています。

かっこいい選手がいるからそのスポーツを見に行くと言うと、顔だけのファンだと思われがちですが、そこからそのスポーツにハマり、足繁く観戦に行く人も多くいるはず。スポーツ観戦=イケメン観戦、大いに結構だと私は思います。銀座カラー 無料カウンセリング