トランプ氏はジョンソン氏の二の舞になりそうな気もします

ついこの間までアメリカの大統領になると思っていたトランプ氏でしたが、なんと最近はクリントン氏との支持率の差が開く一方だということで私にとっても想定外の展開になっています。
クリントン氏がメール問題で躓けば勝算ありと踏んでいたトランプ陣営だったと思いますが、なんとFBIはクリントン氏を訴追しないとの結論を出したので、
クリントン氏のメール問題はもうなかったことにされてしまうわけですからトランプ陣営は一気に意気消沈してしまったように見えます。
トランプ氏は資金面でもかなり追い込まれている状況なのでまさに泣きっ面に蜂状態のトランプ氏がいつまで選挙をやっていられるのかは全くの不透明だと言えそうだし、自ら選挙からの撤退を選んでもおかしくない状況に来ているのかもしれません。
イギリスでもEU離脱派のリーダーとされていたボリス・ジョンソン氏が次期首相になれないと見るや、あっという間にその地位を放りだしている例もあるわけですからトランプ氏にその可能性が無いとも限りません。しかもジョンソン氏とトランプ氏は風貌からしてかなり似てますから要注意でしょう。
これから先どのような展開が待ってるのかわかりませんが本当に興味はつきません。湘南 医療脱毛